耐久年数に差が出る塗装の3大要素~丁寧な施工編~

良い塗装というのは、大切な住まいをいかに美しく、快適に守り続けることができるかということにほかなりません。つまり、「長持ちする塗装」であるということです。

では、どうすれば、長持ちする塗装になるのでしょうか?

長持ちする、質のよい塗装をするためには3つの重要な要素があります。
①塗料、②下地処理、③職人の技術が三位一体になってこそ、良い塗装、長持ちする塗装が完成します。この3つのうちどれが欠けても良い塗装はできません。

それぞれ、何が重要なのか、どういうところで、差が出るのかをご説明します。

~丁寧な施工編~

塗装の質を決める要素のひとつに施工の丁寧さがあります。
施工の丁寧さで、差が出るのは、次の3つのポイントです。

施工の丁寧さで差が出るポイント

頑固なコケも落とし切るバイオ洗浄

塗装する前には、まず、洗浄を行い、長年の間についてしまった、汚れ、コケ、ほこりといった有機物を徹底的に取り除く必要があります。そのために、ほとんどの業者は高圧洗浄を行っています。

高圧洗浄とは、単なる水洗いではなく高圧力で水を噴射し、水圧で外壁や屋根のコケ、汚れを落としていくものです。

この洗浄によって汚れが取り除かれ、まるで一皮むけた様に綺麗になります。

これだけでも十分なのですが、あわせて殺菌効果のあるクリーナーを使用していれば、さらに安心です。

そのため当社では、殺菌洗浄効果のある「バイオ洗浄」を標準仕様としています。

バイオ洗浄とは殺菌作用のある洗浄液を使った洗浄方法です。 有機物を分解しながら滅菌していくので、付着した汚れを根本から取り除くことができ、コケなども発生しにくくなるのです。

雨の侵入を防ぐコーキングの打ち直し

壁と壁の隙間や窓枠のサッシの周りなどに埋め込まれている、弾力のあるプラスチックのようなものをコーキングといいます。

コーキングは、地震などの揺れで壁が動くのを和らげると同時に、雨などの浸入を防ぐ防水材の役目を果たします。

塗り替え時には、コーキングが硬くなってひび割れしているケースがほとんどです。
その場合は、古いコーキングを撤去し新たに打ち直しを行う必要があります。

業者の中には、打ち直しではなく「増し打ち」を勧めることもあります。
増し打ちというのは、古くなったコーキングを撤去せずにひび割れの隙間を埋めていくだけの簡易的な方法です。

増し打ちは費用こそ安くすみ、見た目も打ち直しによる仕上がりとほとんど変わりませんが、
コーキング性能はあまり期待できません。

なぜなら、傷んで防水機能がなくなった部分に新たなコーキングを追加しただけで、
本来の性能が回復するはずがない
からです。

ですから、当社ではより長持ちする外壁塗装のために、次のような手順で、下地処理として変形シリコンコーキングを充填するコーキングの打ち直しを行います。

手順

塗残しを無くすためのひと手間

丁寧に塗装を施しているかどうかは塗る回数で判断できます。
塗装を長持ちさせるためには、最低でも3回塗り以上の塗装が必要です。
下塗り、中塗り、上塗り、の3回です。全体像は、次のようになります。

それぞれの箇所でどんな差がでるのかをご説明します。

大城様邸 診断書内の、P12 調合の仕方図解
1.下塗り

壁と直接接触する下塗りは非常に重要で、この工程抜きに長持ちする塗装に仕上げることはできません。

たとえ、高い耐久性をうたっている高額な塗料を使用しても、下塗りをしないと効果は半減してしまいます。

塗料によってはメーカーの仕様書に「下塗り不要」とあり、この工程を省いている業者もあります。
しかし、当社では、たとえ仕様書に「下塗り不要」の表示があっても、必ず下塗りを行っています。

下塗りの指示あり下塗りの指示なし

下塗り材には、「シーラー」「フィーラー」があり、外壁の素材によって使い分けます。
どちらも壁材と塗料の密着をよくするために使用します。

シーラー
シーラー

フィーラー
フィーラー


シーラーは、密着力の向上に加えて、仕上がりのムラをなくす効果もあります。

一方フィーラーは、下地の段差などを埋めたり、壁の面を仕上げ塗料に適する状態にしたりするために使用します。ですから主に使用するのは、写真のように細かい凹凸のある外壁になります。

シーラー、フィーラーを使用する壁の一例
下塗り
2.中塗り

中塗りは、下塗り材との密着性を高める事、元の外壁の色をしっかり消す事、この2つを目的に行います。お客様に選んで頂いた塗料は、通常この工程から使用します。

当社では塗り残しを未然に防ぐ為、中塗りは上塗りと色を変えて施工させて頂いています。 理由は2つあります。

理由1

外壁が真っ平らで、なんの障害物がない状態であれば、通常、塗り残しは起こりません。 しかし、外壁には必ず凹凸があり、建物の周りには給湯器、室外機等の障害物があります。

塗りづらい環境であっても、品質を維持する(3度塗りの厚みを確保する)ため、必要と考えています。

理由2

当社では下塗り、中塗り、上塗りの各工程写真は必ず写真に撮るようにしています。 ただ、中塗り、上塗りの色を変えることで、リアルタイムでお客様に「3度塗り」していることをご確認頂き

安心につながると考えております。

中塗り
3.上塗り

塗装の最終工程である上塗りは、いわゆる仕上げ塗りです。
ポイントは厚みを出すことです。

塗料は厚く塗ることで、光沢のある美しい見た目と、高い耐久性を両立することができます。
丁寧に塗ることはもちろんですが、厚みのある塗装を綺麗に仕上げるには、技術が必要です。

文字通り、職人の腕の見せ所となる工程です。

上塗り
外壁塗装のすべて
ミタカ工房が選ばれる理由自社施工を辞めた理由大手よりもお値打ちな理由

施工エリア

施工マップ

【群馬県】
前橋市,旧高崎市,伊勢崎市,渋川市,
玉村町,吉岡町,みどり市,榛東村,
藤岡市
※車で1時間以内で行ける地域を対象にしてしています。
上記以外のエリアは、ご相談窓口よりお問い合わせください。

お問い合わせ

050-7576-4176

お問い合わせ無料お見積はこちらから 資料請求はこちらから
元ハウスメーカー勤務を経て、塗装業界の真実を暴露します 無料外壁・屋根診断 施工の流れ お問い合わせ 無料お見積もりはこちら 小冊子のご請求はこちら

会社概要


株式会社ミタカ工房 本社

〒371-0007
前橋市上泉町1163-2


前橋ショールーム若宮店

〒371-0032
前橋市若宮町4丁目13-12
TEL:027-289-3737
詳しくはこちら>>


前橋ショールーム小相木店

〒371-0831
前橋市小相木町406-1
TEL:027-289-2567
詳しくはこちら>>


不動産ショップ前橋野中店

〒379-2166
前橋市野中町95-2
TEL:TEL:027-289-2300
FAX:027-289-2301
詳しくはこちら>>

ミタカ工房の外壁キャンペーン
現場ブログ
初めての方へのご案内 お問い合わせ後の流れ 前橋ショールーム店 ミタカ工房の外壁キャンペーン 初めての方へのご案内 マスコミ取材実績 地域貢献活動 外壁塗装の達人 不動産ショップ前橋野中店

施工エリア

地図

【群馬県】
前橋市,旧高崎市,伊勢崎市,
渋川市,玉村町,吉岡町,
みどり市,榛東村,藤岡市
※車で1時間以内で行ける地域を対象にしてしています。
上記以外のエリアは、ご相談
窓口よりお問合せください。