お急ぎの方はお電話で、お気軽にどうぞ! 0800-800-8185 受付時間:10時〜18時定休日:年中無休

メニューを開く

judgment7つの判断基準​

7つの判断基準

男性 スタッフ 方組み写真

男性 スタッフ 施工中写真

ミタカ工房で働くスタッフが、営利活動を行う中で見失ってはいけない「判断基準」は7つあります。​
社長の判断を仰(あお)がずとも、全スタッフがこの基準で仕事をしております。

  • 01

    「技術」より「態度」が大事

    我々の仕事は現場であれ、営業であれすべて技術職です。現場であれば「品質確保」は最大の技術ですし、施工前でもお客様にわかりやすくご理解を頂くのは営業の技術です。ただ、そういった専門性で信頼を得ることも大切ですが、もっと大事なのは人柄で信用をいただくこと。「約束を守る」「元気で笑顔」「挨拶ができる」こういう姿勢を技術以上に大切に考えています。

  • 02

    「知識」より「思いやり」が大事

    専門的知識を持っているだけではプロではありません。その複雑な専門性をわかりやすく伝え、理解していただけて初めてプロだとミタカ工房では考えます。つまり、「知識がどうやったら伝わるのか」を相手の立場に立って咀嚼する「思いやり」が絶対に必要だと思います。

  • 03

    「営業」より「助言」が大事​

    我々にとっての営業は「売る」という販売行為ではありません。お客様の抱える不便を解消する「問題解決」が営業です。そして、その問題解決の手段としてミタカ工房は存在します。ですから、しつこい営業などありませんし、問題解決につながる助言であれば、努力を惜しみません。​

  • 04

    「損得」より「善悪」が大事​

    どんな仕事でもそうですが、仕事の上でのトラブルにはお金が関わってきます。ともすると、「損するからしない」「得だからやる」というような判断になりかねません。こんな時、善悪の判断こそ、客観的、社会的、お客様側の判断であると考え、全社員に統一させています。​

  • 05

    「メリット」より
    デメリット」が大事​

    営業マンがお客様に商品説明をする際、どうしてもメリットの説明に偏りがちです。できればデメリットを伝えずに売りぬきたいと考える営業マンも少なくありません。​
    当社ではメリットだけの説明は一切しておりません。それどころか、「あらゆるリフォームでメリットだけのリフォームなどありえません」という事を、ご説明の冒頭でお伝えしています。​

    それはリフォームが電化製品のように見て触ってから購入できる商品ではなく、高額な割に取替のきかない不安定な商品だからです。

  • 06

    個人力より協調力が大事​

    仕事をする上で個人力(営業力や現場管理力)は大切ですが、組織で仕事をする以上「協調力」が全てに優先する能力です。個人力を盾に協調を軽んじる人に大きな仕事はできません。個人力が高い人ほど自分の強調力(助け合い、譲り合う気持ち)を意識してください。個人力は協調力の陰で光り輝きます!​

  • 07

    特徴より利点が大事

    特徴は「他と異って目立つ点。機能。大きさ(商品説明)」を指します。一方「利点」はその特徴があるが故の「長所、メリット」を指します。​

    例えば「当社SRには最新のキッチンが展示してあります」は特徴であり、「最新キッチンを見比べる事によって見て、触って、比べる事ができるのでキッチン選びに失敗しない」が利点になります(メリット説明)お客様に伝えるのは、特徴ではなく、利点であることを忘れてはいけません。​

気軽に相談♪じっくり相談!試しに診断!なんでもOK!
お問い合わせはコチラから!

気軽に相談♪じっくり相談!試しに診断!なんでもOK!

お問い合わせはこちら

営業しませんお気軽に♪電話で相談!

お近くの店舗来店・お問い合わせはこちら